HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト雑記  >>  ケルン
-- --
--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06 25
2010

雑記

ケルン

ドイツ滞在中にケルンに行ってきた。電車の乗り方もイギリスとは違うかったためにあたふたして、いろんな人のお世話になりました。しかし昔よりも英語が喋れるので、イギリスに着いたばかりの時と比べるとへっちゃらだった。

ケルンにはデュッセルドルフから列車で25分ぐらい。しかし前の駅で降りてしまい歩くことに。ただケルン中央駅に向かうまでにライン川を渡ったが、橋のフェンスにたくさんの南京錠がかかっていた。これはおそらく恋のおまじないみたいなものだろうが、駅を間違えなかったら多分わからなかったと思う。

IMG_4866.jpg

IMG_4973.jpg


さてケルン大聖堂の前にはたくさんの観光客が。その観光客目当てにパフォーマーも多くおった。全身を白色で塗った騎士や天使、路上で絵を描いている画家(?)、後は楽器の演奏など。写真を撮ったのがばれて、お金を要求されてしまった。

IMG_4919.jpg

IMG_4922.jpg


大聖堂の中にも観光客ばかりで、純粋に御祈りに来た人にとっては五月蠅いであろう。塔にも上ったが、これがかなりきつかった。階段はらせん状で、かなり急で狭い。みんなハァハァ言いながら登っておりました。屋上はフェンスが張っていて、しかも工事中なんであまり感動がなかった。

IMG_4909.jpg


その後は大聖堂の前のレストランでパスタを食べたが、皿の底にオリーブオイルが溜まってちょっときつかった…。ケルン大聖堂後は近くの小さな教会を回った。観光客はほとんどいないが、こっちの方が静かで面白かった。

IMG_4934.jpg


ただこの日はワールドカップの初日。試合が気になったので、途中からTVにくぎ付けでした。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

Teppei

Author:Teppei
2003年-2006年 都留文科大学で国際協力とスピードスケートに出会う
2006年4月 イギリスのCollege for International Cooperation and Developmentに半年間所属
2006年11月 マラウイのDevelopment AID from People to Peopleに半年間所属。農村を走り回る。
2007年 大学に戻る。
2008年 名古屋大のGSIDで農村開発を専攻
2010年 JOCVでフィジーの村落開発に関わる予定

逆回転時計
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。